大衆演劇はスペシャルなのだ

・・・面白不思議な世界へようこそ・・・

都若丸劇団の頑張り

IMG_0692.jpg

撮影日の11日、夜の部を観ました。

事前情報によると、若丸座長は喉を傷めて万全な体調ではない、とのお話でした。ファンの方は、撮影日の変更は出来ないのだろうかとまで心配されていたのです。
でも、そう聞いても、わたしは撮影に関してはさほど気になりませんでした。

だって都若丸劇団ですもの!
幕を開ける以上、「ハズレ」な舞台をお客に見せるわけがない。

ここがこの劇団の凄いところです。もちろん、お客の好みは千差万別、好き嫌いは当然ありましょうが、少人数、小さな舞台、日替わりの演目、多忙なスケジュールという厳しい条件の下で、毎回確実に一定レベル以上のものを出してくるなんて、どう考えても驚かずにはいられません。

ミニショーからもうクオリティーの高い群舞でため息です。

お芝居は、声が出にくいからか?若丸さんは脇役の三枚目で出られましたが、わたし的には全然オッケーです。いつ見ても、「間(ま)」が絶妙で、ほんとに素晴らしいセンスだと思います。

星矢さんの恐い奥さんと剛さんの気弱なダンナさんもかなり可笑しかったです。

そして今回は、キャプテン城太郎さんの、お芝居でのヨボヨボのお爺さん役と、躍動感溢れる若々しい舞踊の落差が衝撃的でした!

ぜひぜひ放映をお見逃しなきよう。

スポンサーサイト

都若丸劇団 三吉演芸場 再び

wakamaru.jpg

若丸さん、再登場です。

放映日は7月29日(土) 18時30分~21時30分→テレ朝チャンネル2

髑髏城の七人 Season鳥



初日を観ることが出来ました。

阿部サダヲさん、森山未來さん、松雪泰子さん、大好きな俳優さんが3人も出られる!
これは見なきゃ、ということで…。

そしてそして。

じゃーーーん!!! 早乙女太一くん!!!
IMG_0739.jpg
パンフレットより

舞台っていいなあ、やっぱり。

回る客席は面白かったです。
円形の舞台に囲まれた客席が、場面が変わるたびにグルーッと回ります。舞台に幕はなくて巨大なスクリーンになっており、そこにずっと映像や文字が映し出されます。お芝居の展開がよりスピーディーになり、スケール感がより拡大され、ワクワクしました。

サダヲさんも未來さんも松雪さんもよかったですけど、太一くんは前回と比べると格段によくなってると思いました。佇まいも所作、もちろん殺陣も、とにかく美しい…。わたし、ちょっと涙ぐんでしまいました。

こんな素晴らしい舞台にメインキャストで出て、堂々と自分だけの色を見せてくれてる。

(太一くん、よかったねえ)と心の中で声をかけました。

今日は放映日

IMG_0664.jpg

小林麻央さんが旅立たれた。
本当に残念です…。

生かされているうちは精いっぱい生きねばなりませんね。



さて、今日は劇団九州男の放映日です。
見られた方、感想をお聞かせいただければ嬉しいです。
ワタクシ的には少々思うところがあった回なので。

こちらの記事で予習をどうぞ→SPICE


早乙女太一くん

640.jpg
映画「22年目の告白 私が殺人犯です」



太一くんを見たくて行ってきました。
ポイントポイントで登場し、なかなか印象に残るお役でした。

最近出演した「A-Studio」をわたしは見逃したのですが、とても明るくて元気そうだったとか。

今幸せなのかな?
それなら嬉しいな。

初めてインタビューした時の記事→早乙女太一くんのこと